img20211026152429057196.png p1000757.jpg 9427-1.jpg _1040235.jpg _dsc0095.jpg
HOME

新着ニュース

木造部会講演会のご案内

2021.12.17

 講演会のご案内をいたします。今回は、2名の講師の方に講演いただきます。
第1部は、「ウッドショックの影響による合板の供給状況と対策について」と題し、新栄合板工業株式会社 堀浩太郎 氏に講演いただきます。近年、ウッドショックの影響か建築を取り巻く環境の変化が激しいのですが、今回は、合板にスポットを当てて、メーカーの立場から現状と対策を解説いただきます。
第2部は、「大スパン・特殊形状を得意とした構造設計からプレカットまで一貫したサービスのご紹介」と題し、木構造システム()の寺田氏に講演いただきます。当社は「大スパン」や「特殊形状」などを得意分野とし、構造設計からプレカット、時には建て方までもする木造躯体に特化した会社です。コスト、施工性、そして金物が表れない意匠性にも優れた工法・サービスについてご紹介いたします。ぜひご参加ください。

INFORMATION

H様邸

H様邸 ~オールアースの家

 
 コロナ禍の中、なかなかスケジュール通りとはいきませんでしたが、お引渡しが終わりました。
稲穂越しの外観です。

 

S様邸

S様邸 ~低燃費住宅の認定を受けた住宅

 
 低炭素住宅の認定を受けた住宅です。低炭素住宅とは、二酸化炭素の排出を極力おさえた住宅のことで、エネルギーの消費が少ない、また、エネルギーをつくる設備を完備することで、この認定をうけることができます。今後、住宅づくりには、欠かせない基準になってくると思っています。
 

NEWS

第26回 九州森林フォーラム in 大分県日田市

2021.12.17

26回九州森林フォーラムでは、小規模な担い手に焦点をあて、役割、可能性、課題を議論したいと思います。九州はかつて自家山林を自家労働力で施業を実施する自伐林家が多い地域として有名でしたが、主伐中心の時代となり、事業体による施業が中心となっています。定住化、環境保全、減災、地域振興など多角的な視点から実践者を交えて議論したいと思います。
 

ニュースレター 14号 できました。

2015.04.02

ニュースレターを発行するようになって、2年とちょっと。自費で出版していますので、記事の内容は、風の吹くまま、気のむくまま。自分の好きなことばかりを取り上げていると、そのことをきっかけに、不思議とご縁が広がっています。皆様に読んでいただく事も大変嬉しいのですが、そのご縁の広がりを楽しんでいたりもします。


O様邸 新築工事

2014.10.31

九州の木をふんだんに使った家ができました。『木のいえ整備促進事業』(長期優良住宅)の認定を受けた建物です。収納をたっぷりとり、部屋数を重視したプランで、自然の光や風を有効に取れるように工夫しました。オーナー様のご要望でつくった小屋裏部屋はお子様の格好の遊び場になりそうですね。


エコへの取り組み

2014.06.03

ジオパワーシステム。
弊社事務所ビルは、熱源の補助として地中熱を利用した冷暖房システムを取り入れています。夏場など洞窟の中に入るとひんやりしますよね。地中(4~5m付近)は、年中その土地の年間平均気温に近い温度なのだそうです。そのかすかなエネルギーを利用したエネルギー補助システムです。 

少ないエネルギーで暮らせる”すまい”づくり
(日・祝日は基本的にはお休みです。)